フルーツのお話し

果物を食べよう

果物は、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な、エネルギー源となる食品です。
そのままはもちろん、料理に使ったりしながら上手に利用して、毎日1〜2個・目標摂取量の200g以上を摂りましょう。

果物のおいしい選び方

当店では、糖度計で商品の糖度を測定しています。
商品詳細ぺーじにて表示しています。
おいしい果物の目安にしてください。
果物あたりの糖度がわかります
おいしく果物を食べるために、その選び方にも気を付けてみてください。
何気ない普段の買い物から実践できるちょっとしたコツをご紹介します。

みかん・柑橘類
あまり大きくなく、色が濃いものがおいしいです。果皮は薄く、なめらかで締まりのあるものを。

りんご
中くらいの大きさで重いものがおいしいです。香り良く、尻まで色の付いたものを選んでください。指で軽く叩くと締まった音がするものです。

日本なし
腰高よりは扁平で、比較的重いものを。軸が新鮮で、果面が均一に色付き、かたいものがおいしさの目安です。

かき
果実全体に赤みが入り、果皮にツヤとハリがあるものを選んでください。ヘタと果実の間に隙間がないものも良いです。

ぶどう
粒が揃い、軸が太く、しっかりしているもの。果皮色が濃く、表面に白い果粉があるものが実はおいしい目印です。

もも
形がよく整い、ふっくらと丸みがあって、甘い香りがあるものを選んでください。

食べ方ミニ知識

食べ方にもコツがあります。ちょっとのことで、もっとおいしく健康に!

みかん
袋ごと食べましょう。みかんの袋やスジは食物繊維で、コレステロールや脂質の吸収を抑えます。

りんご
ビニールやポリ袋に入れて冷蔵庫に入れておくと、新鮮さが長続きします。また、切ったりんごを薄い食塩水やレモン水につけると色が変わるのを防ぐことができます。
りんごをおろして食べるときは、陶器やプラスチックのおろし板を使ってください!金属のおろし板では、疲労防止に役立つリンゴ酸が変質をしてしまいます。

かき
かきはへたの反対側に近いほど甘い。できるだけ皮は薄く剥きましょう。
柔らかくなったかきは、へたを切り取りスプーンで食べたり、そのまま凍らせてシャーベットにしてもおいしく食べられます。

ぶどう
ぶどうの甘さの源はブドウ糖と果糖で、吸収が早く速効性のあるカロリー源なので、食べると元気がでます。
また、アントシニアンが果皮と果肉の間に多く含まれているので、よく水洗いして、できれば皮ごと食べましょう。

もも
ももは冷やし過ぎないように注意してください。食べる前に1〜2時間冷蔵庫に入れるのが適当です。
硬いももは室温で柔らかくなってから冷蔵庫に入れます。

PAGE TOP
メールでのお問い合わせはこちら